kokblog

更新したり,しなかったり。

買ったもの

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって (1)
おおきく振りかぶって (1) [コミック]
正確には姉が買った本,ということになりますが,
オススメの漫画です。
もとはと言えば,僕が先にアニメでハマっていて,
姉が後からハマった,という感じなのですが,
今では姉の方がどっぷりと漬かっています。

タイトルから分かる通り,野球漫画なのですが,
主人公は「ヘナヘナのボールしか投げれない,
ナヨナヨした卑屈なピッチャーの三橋」。
(この段階で,この漫画が如何に曲者かが分かるでしょう。)
そのひとクセもふたクセもある主人公が,
周りの仲間と共に成長しつつ,甲子園優勝を目指す姿,が描かれており,
平凡なスポ根サクセスストーリーとは一線を画す,
ある種特殊な,それでいて「本格的な」高校野球漫画と言われています。

本作が「本格的」と言われる所以は,
著者による入念な取材に基づいて,
高校野球のありとあらゆるディテールが描かれていることにあります。
例えば,メインとなる試合の描写においては,
「投げた!」「打った!」の様子よりも
「投げるまで」「打つまで」の膨大な駆け引きの方に描写の重点が置かれています。
その,従来の野球漫画ではなかなか描かれてこなかった高度な読み合い,仕掛け合いの描写は,
野球をしたことがない層にも,あるいは野球すら全く知らない層にさえ,
十分「野球の試合」を楽しませてくれます。
また,試合の外の風景の描写も見事で,
登下校中の会話から,マネージャーの仕事風景,
父母会の応援の様子や,男同士の下ネタ話に至るまで,
高校野球を取り巻く諸々が「これでもか」という程に書きこまれています。
これらのディテールの描写により,本作は圧倒的なリアリティを獲得しており,
ストーリーとして異端であるにもかかわらず,方々にて,
「本格的高校野球漫画」
と評されることとなっているのです。

もう一つの本作の魅力は,
大学で心理学を専攻していたという著者ならではの,
見事な心理情景描写でしょう。
登場人物の心の揺れ動きや,機微が,
これまた細かく描かれており,その一つ一つに「わかるなあ」「そうそう」,
と思わず頷いてしまいます。
時々,自分の心の中を抉られるような描写もあり,
読んでいて胸が苦しくなることもあります。

また,登場人物のキャラクターが「キャラ立ち」していることも大きな魅力です。
主人公の三橋の他,
切れ者ながらやや傲慢な所のあるキャッチャー阿部,
天才的なセンスを持ち,天真爛漫な所がありながら繊細な所のある田島,
真面目すぎる部分があり,田島の壁を常に意識させられているキャプテン花井などなど
各々のキャラクターにそれぞれの魅力があり,
キャラクターウォッチングをしているだけでも飽きません。
読了後は,「どのキャラが一番好きか」「どのキャラに感情移入できたか」
ということを思わず話したくなってしまうこと請け合いです。

野球経験者の方からすれば「現実はそんなに甘いもんじゃないよ」
と怒られてしまいそうな「都合のいい」ファンタジーな部分もあって
やっぱり漫画だなあとは思いますが,
それだけでは片づけられない,本当に大きな魅力を秘めた漫画だと思います。
著者ひぐちアサさんは,本作で
2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、
2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞されているのですが,それも頷けます。
「未読の方は是非」と,自信を持って勧められる本当に数少ない漫画の一つです。

ちなみに,僕の一番好きなキャラクターは迷いに迷った挙句阿部なのですが,
姉の一番好きなキャラクターは栄口くんだそうです(笑)。
(わからないでもないですが,セレクトがコアすぎませんか…?)

BRAUN BN0035WHBKG

[ブラウン]BRAUN 腕時計 クロノグラフ BNH0035WHBKG メンズ 【正規輸入品】
[ブラウン]BRAUN 腕時計 クロノグラフ BNH0035WHBKG メンズ 【正規輸入品】 [時計]
前々から欲しかった,BRAUNの時計,ついに買ってしまいました。

BRAUNといえば,国内では「ヒゲソリ」のメーカーとして知名度が高いですが,
実は知る人ぞ知る総合小型家電メーカーで,
ディーター・ラムスというプロダクトデザイナーが有名な,
ミッドセンチュリーの機能主義デザインを牽引していた偉大な会社なのです。
極限にまで削ぎ落された純粋な形態は,機能的に優れているのみならず美しく,
その製品の数多くがMoMAに所蔵されていたりします。

ディーター・ラムスとデートリッヒ・ルブスによる本作も,
「Less but better」というラムスのデザイン哲学に忠実に従ったもので,
装飾らしい装飾はなく,全て「機能」に従属したシンプルな,
それでいて美しいデザインとなっています。
個人的に気に入っているのが,針や文字盤の数字の「細さ」で,
ミニマルな機能主義デザインの結晶といえるこの時計に,
上品さ,エレガントさを加えている気がします。

バンドのレザーは,ゴムに近い合成皮革といった感じでしたが,
汗にも強そうで,個人的には悪い印象はありません。
むしろ機能主義的なこの時計に相応しいのではないかとすら思います。

ちなみに,この時計,ドイツの2大デザイン賞といわれる,
「iF」と「reddot」を2012年にダブル受賞しており,中でも
「iF」では,4000点以上のノミネートの中から,
特別優れた60点のみが受賞する金賞を受賞しています。

…以上,MoMAストアからの受け売りでした(苦笑)。

noon No.44

[ヌーン]noon 腕時計  44シリーズ 44-BK.M-CB メンズ 【正規輸入品】
[ヌーン]noon 腕時計 44シリーズ 44-BK.M-CB メンズ 【正規輸入品】 [時計]

という腕時計を新しく買いました。
先日の梅田巡りの際に,出会った一品。
カラフルな色遣いが特徴的で,自分にしては珍しく遊び心のあるものを買ったものです。

最大の特徴は,カレイドスコープ(万華鏡)という機構。
実はこの時計,短針には後ろの「青色と黒色が半分に割れているディスク」,
長針には,「スモーク掛った半円状のディスク」がそれぞれ付いていて,
時々刻々と動く針の動きに合わせて両方のディスクが回転し,
時刻によって,違う表情が楽しめるのです。
写真のような,10時10分の時刻や,6時ジャストなど,
色合いにバランスが取れている時の美しさは見事で,
次にその時刻が来るのが楽しみになります。

価格もかなり安く,
Made in Chinaながら,それなりにしっかりとした作りをしています。
メッシュのベルトの質感にも満足。
また,写真では薄そうに見えますが,厚さ9mmのケースは
それなりに存在感があり,個人的には満足です。

さて,noonの時計には,
 「観察力と計画性」
「冷静と愛情」
などといったキーワードがあるのですが,
僕が買った,このスカイブルーと黒のキーワードは,ズバリ

誠実と思いやり

職場の方にその話をすると,kokさんらしいですね。と言われたのですが,
姉にその話をすると苦笑いしていました。
自分でも「らしい」と思うのですが。果たして。
ギャラリー
  • あいちトリエンナーレ2013~Awakening 揺れる大地~
  • 堂島リバービエンナーレ2013(@堂島リバーフォーラム)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • エヴァンゲリヲンと日本刀展(@大阪歴史博物館)
  • 美の響演~関西コレクションズ~(@国立国際美術館)