Iradelphic [解説付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC330)Fantasm Planes [解説付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRE41)
Fantasm Planes [解説付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRE41) [CD]

Iradelphic [解説付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC330) [CD]
新世代Warp Recordsの代表格,Clarkによる最高傑作とも名高い,
「二部作」です。

Clarkの特徴は「美しい旋律と不穏な音像の同居」と言われますが,
本二部作においては「不穏な音像」は抑えめ。
そう言った意味では非常に聴きやすい作品達であるとも言えます。
しかし他方で,明確なグルーブの存在する楽曲が殆ど無く,
ライナーノーツでも書かれている通り,ビートがあるのにとにかく「踊れない」曲ばかり。
そう言った意味では非常に聴き辛く,
エレクトロニカの中でもある程度リスナーを選ぶ作品の一つ(二つ?)であるという事が出来るでしょう。
従来の作品に比して明確なメロディは少なく,その点でもとっつきにくいという点は否めませんが,
Clark特有の美しい旋律・音像操作は健在です。
聴き方を理解して,揺蕩う音の流れに身を委ねれば,
心地よい生音や小気味良い電子音が新しい世界に連れて行ってくれる,そんな作品だと思います。

先行して発売されたフルアルバム「Iradelphic」での個人的なオススメは
「Tooth Moves」「Black Stone」そして「The Pining pt1~3」でしょうか。
本作のハイライトとなる「The Pining」三部作では,
五拍子のビートの上を,Clarkの本領発揮といえる情緒的な美しい旋律が流れていきます。
比較的明確なグルーブがある作品でもあり,聴きやすさは本作随一だと思います。
また「Tooth Moves」はミニマルなギターのアルペジオと,
どこか牧歌的なシンセのメロディが絡み合う美しい一曲。
中盤以降は,「暴れ出す」シンセのリードが楽曲を盛りたててくれます。
その他,合間を彩るアンビエンスな曲や,
マルティナ・トップレイ・バードの参加したボーカル入りの曲も中々の完成度で聴きごたえがあります。

「Fantasm Planes」は「Iradelphic」のRemix盤とでもいうべき作品。
「Henderson Wrench」「Com Touch」「Secret」の三曲が再構成され収録されています。
オススメは「Com Re-Touch / Pocket for Jack」で,
定型を留めながらも,突然「つっけんどん」になったりする素直ではないビートの上を,
「Com Touch」の美しいメロディが流れていきます。
かと思いきや,後半では突然全く新たな悲しげなモチーフがカットインし,
全く別の世界に連れて行かれてしまうのですが,
ビートのお陰か,全体としての統一感は失われていないという,ちょっと不思議な楽曲です。
その他のRemixやアンビエントも流石の出来。
曲数や収録時間は短いのですが,「Iradelphic」の物語を完結させる為にも,
合わせて本作も通しで聴くことを個人的にはオススメします。